第二新卒からの転職するコツや対策法

第二新卒から転職を目指す

第二新卒

第二新卒の募集要項を理解すれば転職できる

更新日:

第二新卒の募集要項

第二新卒は、転職に有利となります。

企業が、募集要項としている点を挙げてみます。

即戦力になる

まず経験があるということです。

最近の若者は、「半年~1年未面で辞めてしまう」人が多いです。

この期間でやめてしまうと、ちょっとした仕事しかできないことになります。

だから、転職しても教えていかねければいけません。

企業にしてみれば、教える時間とコストはなるべく削減したいのです。

なぜなら、教えることは成果に結びつかず、損していることにもなるからです。

一方で、第二新卒は経験は短いかもしれませんが、教えなくてもできる仕事が多くあります。

企業にとっては、少しでも成果を上げてもらえることがありがたいからです…

ビジネスマナーがある

就職すれば、企業研修をしてもらえます。

そこで、あいさつや電話の取り方、名刺の渡し方、敬語の使い方など身につけましたよね?

仕事をしていく中で、自然とできてきたはずでしょう。

これができることで、仕事を任せやすくなって信頼感が生まれます。

熱意ややる気が伝わりやすい

転職する目的も、スキルアップの考えている人も多くいると思います。

まだ、20代なので熱意ややる気が伝わりやすくなります。

これがあることで、もっと成長していこうと考えられるでしょう。

企業にも貢献できるので、ほしい人材といえます。

人間性

仕事は、個人の戦力も大事ですが、職場の人とうまくやっていけることがどうか人間性が重視されます。

連携が取れていないと、ミスが起こりやすくなります。

第二新卒は、経験が短いために仕事のやり方や固定概念が出来上がっていません。

会話がしっかりできて、教えたこと・指示されたことを素直に聞き入れることができます。

そして、成果も残すことができると考えらえます。

第二新卒は、企業がほしいと思えることが多くあるので、転職に有利といえます。

第二新卒が気を付けるべき点

企業によっては、経験が短いことが「また辞めるのでは」と思われてしまうこともあります。

せっかく即戦力として採用したのに辞めたしまったら、新たに人材を探す手間がかさみます。

面接で聞かれることも多いために、気を付けなければいけないところでしょう。

ですが、辞めた理由がしっかりいえることそしてこれまでの経験や実績がしっかりアピールできれば大丈夫です。

紹介した募集要項がしっかり理解できて、辞めたことがスキルアップにつながるようにいえれば転職できるといえますよ。

-第二新卒

第二新卒から転職を目指すのトップページに戻る

Copyright© 第二新卒から転職を目指す , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.