第二新卒からの転職するコツや対策法

第二新卒から転職を目指す

第二新卒

第二新卒から貿易の仕事をしたい!!

更新日:

第二新卒なら転職できる

第二新卒から異業種に転職する人は多いし、可能と言えます。

未経験の職種で不安なことがあるとは思います。

第二新卒は、経験を積んでいることでビジネスマナーがあります。

ビジネスマナーくらいじゃと思うかもしれませんが、あるとないとでは大きいと言えます。

できることで、柔軟な考え方や発想ができるので仕事を任せやすく頼みやすくなります。

さらには20代ということで将来性があると言えます。

未経験であっても、覚えが早く仕事をすることができます。

同じ未経験でも20代と30代では大きく違うのです。

熱意ややる気があることで、仕事の取り組む姿勢が感じられるので成長もできますし、企業も早く即戦力になって貢献してもらうことができます。

ビジネスマナーが身についている20代と言えるのが、第二新卒なのです。

転職したい職種の中でも、人気があるのか貿易関係です。

最近の注目の仕事は貿易

最近は、グローバル化が進んで海外相手の仕事をしたい人が多くいます。

その代表的な一つが、貿易関係の仕事と言えます。

貿易事務

事務には、いろいろありますね。

営業、一般、経理、秘書などがあります。

貿易事務は、語学力と専門知識が必要な輸入出に関わってくる重要なポジションと言えます。

商品や運送の手配や書類の作成、チェックなどを行います。

語学力は、TOEICなら600点以上はとっておきたいところです。

通関士

通関士は、輸入出の正しい手続きがされているかチェックをする仕事です。

許可されて輸入出されているか、税金は支払いは出来ているのか確認しなければいけません。

もし不正が見つかれば報告することが求められます。

そのには、大きなものから小さいものまであるので見逃さないkとが大切です。

海外コーディネータ

海外の人は、日本でどんな商品だったら気になります。

売れ行き状況や動向、ライバル調査をしてアドバイスおよびサポートをする仕事です。

日本企業が海外進出したいように、外国も景気のいい日本で売れれば儲かると思っているのです。

海外との比較をしながら情報や予想をしていくのです。

ヒットすればそれだけ仕事は増えていきますし、景気に関係することなので慎重に見極めることが重要ですね。

紹介した仕事は、日本と外国の架橋になる重要な仕事ばかりです。

もちろん、将来性も高いと言えますし、第二新卒となれば挑戦したいことは伺えます。

未経験でのスタートにはなりますが、これまでの社会人経験を活かしてやりがいは出てくると思いますよ。

-第二新卒

第二新卒から転職を目指すのトップページに戻る

Copyright© 第二新卒から転職を目指す , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.