第二新卒からの転職するコツや対策法

第二新卒から転職を目指す

第二新卒

第二新卒は業界を変えても転職できる!!

更新日:

第二新卒は、業界を変えても転職できるのはなぜ

第二新卒は、3年未満でも辞めてしまって経験が短いと思われることがあります。

ですが新卒よりも即戦力があります。

即戦力があることで、教える時間とコストをカットすることができるのでそのまま仕事をすることが可能になります。

それは同業種の話です。

同じような仕事だから、やり方は違っていてもやっているうちになれることができますよえ。

だから第二新卒は転職が有利といえるのです。

では、異業種だったら経験がなくなってしまうから、一からのスタートになるかというとそんなことはありません。

社会人として働いていたことが、業種が違っても生かすことができるのです。

ビジネスマナーがある

社会人をしていると、ビジネスマナーが身に付いてきます。

ビジネスマナーは、挨拶や電話の取り方、名刺の渡し方などのことから、仕事のやり方や向き合い方なども理解できています。

日々の仕事をしていくうえで、身に付いていっているものなので、新卒にはないことが多いです。

これが新卒と大きく違うところですね。

将来性もある

会社は、若いうちに即戦力の人材を育てたいと考えています。

第二新卒は、若さがあります。

若さがあることで、業種が違ってもすぐ覚えて、仕事を早く覚えて活かすことができるようになります。

新卒よりかは、年齢を重ねてしまっているけど20代ということで将来性があると判断されます。

それは若さがあって、熱意ややる気が伝わりやすいことで仕事を早く覚えて、実践できる即戦力を期待されるのです。

職場になじみやすい

第二新卒は、ビジネスマナーはあるけど仕事に対する考え方や執着心があまりないです。

教えたことを素直に受け入れて、仕事をしてくれます。

これが年齢を重ねると、教えても自分のやり方を貫いてしまって、嫌がられることがあります。

連携が取れないことで、ミスにつながることもあります。

即戦力があれば、扱いにくいことがあるのです。

第二新卒は、経験が短い分心配がなく、職場になじみやすい扱いやすくなります。

ただし、第二新卒は若さが取り柄なのです。

転職しないままの時間が過ぎてしまうと、年齢を重ねることで採用に前向きになってくれません。

業種が違うこともあり、早めに転職して即戦力の人材になる必要があるのです。

また、異業種に転職する理由、これからの目標が自分の中で固まっていて、面接アピールして伝えることで転職できる可能性が高くなりますよ。

-第二新卒

第二新卒から転職を目指すのトップページに戻る

Copyright© 第二新卒から転職を目指す , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.