第二新卒からの転職するコツや対策法

第二新卒から転職を目指す

第二新卒

第二新卒だったら派遣社員ではなく正社員になるべき

更新日:

あなたは、働き方で迷っていますか?

第二新卒は、経験を活かすことができるので派遣社員の正社員でも働くことができます。

ですが、将来もずっと会社員として働くのであれば正社員のほうがいいといえます。

今回は、第二新卒が転職するために働き方の違いに迫っていきます。

第二新卒のここがいい

第二新卒は、就職して3年未満で辞めてしまった、25歳以下の人のことを言います。

未経験ではなく、即戦力として扱われます。

だからこそ、これまでの経験や実績で「どんな仕事に関わって、何をしてきたか」ということが大事になってきます。

即戦力があることで、企業側は教えることが少なくなるので人件費が抑えられます。

さらには、社会人として経験を積んでいるので新人研修も行っているので、ビジネスマナーや働き方について分かっています。

経験が少ないことで、仕事に対する考え方や執着心が固まっていないために、転職先でも扱いやすくなります。

それは、教えたことにも素直に聞くことができて柔軟に対応できて、人間関係を良好に保つことができるからです。

一方で、「また辞めるのでは」と思われてしまうこともあるために、転職する理由でしっかり言えれば大丈夫です。

つまりこれまでの経験や実績から、「何ができるのか、どんな仕事をしていきたいのか、将来はどうなっていきたいか」マ¥などアピールすることで転職しやすくなります。

では、働き方はどうすればいいのか分かれ道だと思います。

派遣社員と正社員の違い

働き方で迷うのが、派遣と正社員という方も多いはずです。

それぞれにメリット、デメリットがあります。

派遣社員

派遣社員は、派遣会社に登録して企業に派遣される働き方です。

給料は時給制ですが、第二新卒であれば経験値も加わって高給になりやすいです。

残業になることは少なく、しっかり残業代が支給されます。

しかし社会保険はついていますが、賞与や昇給はありません。

スキルアップしたくても、重要な仕事は任してもらえないこともあり、契約期間は最長3年という縛りがあるので、ずっと同じじょくばで働くことはできません。

正社員

正社員は、会社に直接雇われる働き方です。

なので安定して働くことができて、責任感が高く難しい仕事を任したもらえることも多く、スキルアップにつなげるはずです。

さらには社会保険はもちろんのこと、賞与や昇給もあり諸手当もつくので高い給料も安定して稼ぐことができます。

ですが、残業が多くなり休みが思うようにとらなかったり、転勤や異動がある場合があります。

第二新卒は、どちらの働き方をできますが、将来的もずっと会社員として働いていくなら派遣社員ではなく正社員のになるべきだといえます。

-第二新卒

第二新卒から転職を目指すのトップページに戻る

Copyright© 第二新卒から転職を目指す , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.