第二新卒からの転職するコツや対策法

第二新卒から転職を目指す

第二新卒

第二新卒に空白期間あっても転職できる?

投稿日:

あなたは、働いてない期間がありますか?

いわゆる空白期間があることで、第二新卒でも不利になります。

今回は、それがなぜなのか理由や対策法に迫っていきます。

空白期間はどのように見られている

第二新卒は、経験を積んでいるから転職に有利といえます。

なぜなら、会社は未経験であれば教えるところから始めないといけなく、コストと時間がかかってしまうからです。

少しでも即戦力になってくれは方が、会社としては助かると思われます。

さらには、今は就職しても1年未満で辞めてしまう人も多く、第二新卒であれば早く辞めたとは思われにくいかもしれません。

あなたが、転職して「仕事ができる」ことを分かってもらうことが大切です。

では、第二新卒では空白期間があっても有利といえるのでしょうか?

空白期間は人によって理由が違うと思います。

けがや病気をして働けなくなった、一度辞めてからリラックスしたかったなどあります。

しかし、多い理由としては次の転職先が決まらなかったパターンです。

希望通りに会社が見つからなかった、条件が折り合いが付けなかったなのです。

第二新卒だから、会社として採用したいはずです。

そんなこんなで、空白期間が長くなればなるほど、せっかく前職で身に付けたスキルも低下してきます。

では、空白期間があれば就職できないのでしょうか?

空白期間に何をしていたかが大事

空白期間は、できることは仕方ないことです。

その間に、身に付けたスキルが低下しなければいいわけです。

だからこそ、学習してスキルが下がらないむしろ上がったといえるようになってきましょう。

アルバイトをしていたにしても、何を学習して、身に付けたがそして仕事にはどのようにイかせすことができるかが大切なのです。

空白期間について、「聞かれて何もやっていなかった」ということが良くないのです。

転職する熱意ややる気がなく、なんとなく受けてきただけと思われてしまいます。

そんな人を採用したとしても、職場のモチベーションが下がって、足手まといになるだけ」になってしまいます。

空白期間があることは、仕方がないことですが、せっかくの「第二新卒」を無駄にしないように転職活動をしたいですね・・・

-第二新卒

第二新卒から転職を目指すのトップページに戻る

Copyright© 第二新卒から転職を目指す , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.