第二新卒からの転職するコツや対策法

第二新卒から転職を目指す

第二新卒

社会人四年目は第二新卒に入る?

更新日:

あなたは、第二新卒はいつまでだと思いますか?

広い意味で、20代であれば社会人4年目も第二新卒に入ります。

さらには、「また辞める」と面接官に思われなくなります。

今回は、社会人4年目のが転職に有利な理由やアピール方法を紹介していきます。

社会人四年目は、第二新卒に入る

第二新卒は、一般的に社会人経験3年未満で辞めてしまった人のことを言います。

ですが、20代全体をさして辞めた人のことを言う場合もあります。

第二新卒のメリットは、社会人経験があるということです。

社会人になると研修をしてから、実務へと移ることが多いです。

仕事をしながらビジネスマナーを身に付けていきます。

具体的に言うと、挨拶や礼儀に始まって、名刺の渡し方、電話の取り方などです。

ビジネスマナーがあることで、仕事の対する向き合い方ややり方ができてきます。

また、経験は浅いけど実績や経験はできてくることができます。

だから、転職しても教える時間やコストを削減できるから、有利になるのです。

さらには、同じ会社にに長年いなかったので、良いこともあります。

長年いなかったので、仕事のやり方やや固定概念が仕上がってないいないのです。

だから、転職先で言われたことに素直に聞くことができて、対応することができます。

もし、スキルがあっても自分勝手に仕事をしてしまうと、相手が嫌がってしまって職場のチームワークが乱れることになりますからね。

ですが、3年以内に辞めてしまっていることでデメリットもあります。

それは、同じように「また辞めるのでは」と危機感を持たれやすいことです。

せっかく雇って、即戦力として働いているのにすぐに辞めてしまうと、人材を確保しなければいけません。

そうすると時間がかかってしまいます。

では、四年間働いていればどう思われるでしょうか?

四年目だからこそメリットがある

紹介したように20代で会社を辞めたなら、広く言えば第二新卒といえます。

会社は3年と4年で大きく違ってきます。

社会人として4年間働いていれば、「長く続けた」と思われます。

つまり3年未満で辞めてしまった第二新卒が思わることがないということです。

「ステップアップにために辞めたんだな」と思われることが多いです。

だからデメリットがなくなった四年目の第二新卒は、転職がさらに有利になるといえます。

では、希望通りの転職ができると言い切れるでしょうか?

どのようにアピールしていくかが大事

会社は、なるべく20代で経験年数が長ければ長いほど採用したいと思っています。

つまり五年目、六年目の経年者が受けていれば、採用を奪われる可能性もあります。

若さでいえば四年目ですが、即戦力と見れば五年目のほうが勝っています。

会社がどっちが欲しいか分かれるところです。

だからこそ、面接ではこれまでの経験をどのように活かすことができるのか、将来はどのようになっていきたいかアピールできるかが大事になってきます。

社会人四年目は、第二新卒に入って「すぐに辞めるのでは」というデメリットもないです。

ですので、自信も持ってこれまでの経験や実績をアピールすることで、ライバルにも打ち勝つことができるようになって希望通りの転職ができる可能性が高くなりますよ。

-第二新卒

第二新卒から転職を目指すのトップページに戻る

Copyright© 第二新卒から転職を目指す , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.