第二新卒がほしい募集企業は多い

第二新卒がほしいといった募集企業は多いといえます。

それは経験と20代と若い年齢があるからです。

経験は浅いものの、これまで経験や実績を積み重ねているはずです。

会社にとって、教えなくても仕

事ができるというのは重視されやすいです。

というのも、会社によっては教えることができないので即戦力の人材が欲しいことが多いからです。

さらには、社会人経験をしていることでビジネスマナーが身についているので信頼関係があります。

なので仕事を任せやすいし頼みやすくもなります。

さらには、年齢も若いのでまだできないことがあっても将来性も期待されるのです。

第二新卒に求められること

熱意ややる気

第二新卒は20代ということで、若さがあります。

即戦力ではなかったとしても、熱意ややる気があることで仕事を早く覚えて成長することができます。

自分にとっても企業にとってもメリットがあるのです。

人柄

仕事が多少できるといっても、上司や先輩と協力できずに自分勝手に仕事を進める人は好まれないのです。

連携が取れないことで、ミスにつながることもあるからです。

つまり企業で働くうえでは、人柄が重視されます。

職場の連携を乱さずに、協力して仕事ができるかということが大切です。

将来性

経験があっても長く仕事が続けられなかったら、結局また人を探さなくていけません。

ですが第二新卒は、20代なのでこの先の将来性も考えると採っておきたい人材なのです。

経験があることで教えることも少なくて済むので、企業の負担を減ります。

経験が浅いことは問題なのか

第二新卒は、経験が浅いことが逆転でもあります。

3年未満でやめてしまっていることで「また辞めるのでは」という懸念はあります。

ですが、既卒やフリーターと違って経験者ということが大きいです。

転職した理由やどんな仕事にかかわっていきたいのか明確になっているが重要です。

つまり、転職したことがスキルアップのためと分かってもらえれば経験が浅いことは問題ではありません。

むしろ経験が長いと自分勝手に仕事を進めることもあるために、会社にとっては扱いづらいと思われてしまうことも多いのです。

ですので、これまでの経験や実績をアピールすることが大切なのです。

アピールすることで、第二新卒がほしい募集企業は多いといえます。

自信がない人は、転職コンサルタントの見てもらってアピール方法や面接のコツなどアドバイスをもらいながら面接練習を積み重ねることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です